FC2ブログ

変幻本舗

気がつけば・・・ あなたの身体も変化する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

男の娘AVの罠 それからそれから


こんなつもりじゃあなかったのに・・・


気が付くと僕はあっけなくイカされてた・・・・

男の娘向けのファッション誌の撮影だと言われてついつい気軽にOKしたんだけど、

連れていかれたのはマンションの一室だった。



最初は優しかったまわりの人たちも

撮影が進むにつれてだんだん怖くなってきて


もう帰らせてください





そうお願いしても聞いてもらえずにいきなり縛られちゃって




バカでした…



後悔してももう遅くて・・・



でも・・・・




どこかでこんなことをされてみたい願望もあったのかもと・・・



その時初めて気が付きました。




クリックしてご覧ください


     ↓



香川君の日常35





恥ずかしさと怖さで身体はもう動きません・・・


でもお尻からの痺れるような感覚は、僕の心をどんどん女の子にしていきます。




ああん! ハアハア いやぁ・・・




男たちのいやらしい言葉も僕を興奮させていきました





香川君の日常37






暫くすると僕の身体はおこされて、後ろで縛った縄をほどかれました。



さあ!咥えるんだよ!



香川君の日常39










男はそういうと僕の髪の毛を掴んで自分の股間へ近づけました。



他の人のオチンチンをこんな近くで見るのは初めてで・・・・





その鼻につく匂いは僕の理性を吹き飛ばし




男に言われるまま僕はそれを咥えて頬張りました。








ああ~ そうだぁ・・・ なかなかうまいじゃあないかぁ

うっ・・・ ううぅ・・・ よしよしいいこだぁ







男は気持ちがいいのか、顔をしかめて途切れるように言葉を漏らしている・・・





え?・・・気持ちいいって・・・






僕の口で気持ちがいいって・・・ それが何だか嬉しく思えて・・・



僕は夢中でそれを頬張り舐めました。




時間がどれほどたったのか忘れるくらい夢中でした。








気がつくと僕は男に立たされてお尻を向けさせられていました。




さあ、痛くないようにたっぷりとほぐしてやるからなぁ いい声で鳴くんだぞ・・・ うえっへへへ




その下卑た嫌らしい言葉が僕をさらに興奮させていきます。





香川君の日常42









ああ・・・ああん・・・ いやぁぁぁ






身体がビクッ! ビクッ! っと、反応します。




男の手は容赦なく僕の穴をかき広げていきました。



その指が動くたびに僕は身体を震わせて声を漏らします。







さあこれだけほぐせばもういいだろ❓


        そろそろ本物をぶち込んでやるからなぁ



いよいよ初めて犯されようとした時、僕は怖くなって

ええ?いやぁ!おねがいです!やめて!


そう声に出していたんだけど、本当は嫌ではありませんでした。



嫌どころか期待の方が大きかったかもしれません・・・





男は僕のお尻を高く上げさせてお尻を突き出させます。



そして自分のオチンチンを僕のシリ○ンコヘ深く突き刺しました!







ren1-1.jpg




ズリュニュルニュリュ!!!

      ズボ!ズボ!ニュリュニュリュ!






うわぁぁぁぁ!! あん!あん!あん!ああん!





男の腰の動きに合わせて僕の口から声が漏れます。





僕は出来るだけ女の人の声を意識して高くかわいい声を出そうとしました。




こんな声で可愛く鳴けてるの❓





僕は犯されながらそんなことを考えてしまいます・・・






でもそんなこともすぐに考えられないくらい、



物凄い快感が僕を狂わせていきました・・・・







つづく







スポンサーサイト
[PR]

[PR]



  1. 2013/12/21(土) 14:35:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オンナノカラダ 第一話 | ホーム | 男の娘AVの罠 つづきその2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://renpias.blog.fc2.com/tb.php/354-652a54dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。