FC2ブログ

変幻本舗

気がつけば・・・ あなたの身体も変化する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピアス×2 第五十六話



ピアス×2



第五十六話







私は今不思議な精神状態にあった。


何年も身動きが出来ず、小さなピアスにその心を閉じ込められて


生まれ持った肉体は朽ち果て、行き場も希望も何もない絶望がずべてだったのに・・・・


ある少年がそこから救い出してくれて


クモの糸を掴むようなわずかな望みからの再スタートを切り



そして



それが旧友との再会で一気に現実のものへと開花しようとしているのだ。


ぼんやりと見えだした真実が、次第にはっきりとし


何をなすべきかわかり始めてきた。



私はカエデ


私は今とても興奮している


カラダが小刻みに震えるほどその気持ちは高揚している。


「じゃあまた明日の夜にお店で・・・・打合せどおりお願いね」


私は麗羅のマンションのドアを出るとき、そう彼女に言い残してエレベーターに乗った。


そしてすぐ携帯電話を取り出して浩一へ連絡を取る。


時刻は午後4時


ちょうど学校からの帰宅時間である。


駅で待ち合わせていた浩一の隣には、心配そうな顔の優子もいた。


「おかえりぃ・・・・だいじょうぶ? で? いまはどっちなの?」


少し遠慮気味に優子が聞いてくる。


「今はシノブ。だいじょうぶだよ。」


二人に会う前にシノブに戻った僕はそう言った。


すると優子の隣にいる浩一は何も言わずこちらを見ているだけだった。


「それと浩一」


「ん?」


僕はそんな彼に声をかけた。


「カエデさんがさぁ・・・・・ ごめんって謝っててくれって」


「ああ?」


「えー?なに?どういうこと?」


その言葉に優子はすぐに食いついてくる。


「いやさぁ・・・浩一昨日の夜にカエデさんを迎えに店の前で待ってくれたんだよ。


なのにそのまま置き去りにしていっちゃったから・・・・」


「えーーーー? そうなの?こういち?」


「ん・・・・んん・・・・・まあそうだなぁ・・・・」


「どういうことぉ?あなただけなに考えてんのよ?」


優子は突然浩一を攻めだした。


「どういうことって・・・・そんなのしんねーよ・・・・・・」


しかし浩一はそれに答えることも出来ず下を向きかげんで言葉を濁すだけだった。


「そんな事より僕の制服は?持ってきてくれた?」


僕は優子に問い詰められている浩一に助け舟を出す感じで聞く。


「ん?ああ・・・ちゃんとここにあるぜ」


浩一は手にさげた紙袋を前に出して僕に見せた。


昨日の夜は浩一の家に泊めてもらいそのまま学校へ行き、


そして今日の夕方に帰宅すると母には言ってある。


だから彼に制服を預けてそれを受け取りまた彼の家で着替えてから帰るつもりだったのだ。


「ありがとぉ」


僕は満面の笑みを浮かべて彼からそれを受け取った。


今の僕は、麗羅に借りた服を着てこの場にいる。


白のキャミソールの上にチェック柄スキッパー衿シャツを着て


下はフリードエアーデニムテーパードパンツをはいている。


そして靴はベージュのエナメルパンプス。


デニムのズボンをはいているとはいえウイッグをつけて後ろで一つにくくり、


ラフでボーイッシュな女の子の姿だ。


そんな僕の姿を意識してか浩一は明らかに僕と眼を合わせない。


「メイクはほとんどしてないんだけど、この制服に着替えるの・・・・


また浩一の家貸してくんないかなぁ?」


そんな彼に僕はそう声をかけた。


「ああ・・・・いいぜ・・・・」


「うんうん、わたしもいくぅ」


優子も嬉しそうに僕を見てそう答える。


「それに色々相談したい事もあるし」


僕のそんな言葉の意味にも気がつかず、三人は駅から浩一の家に向かって歩き出した。




にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村




連続アップガンガンいこうかぁ~ 音譜




スポンサーサイト
[PR]

[PR]



  1. 2012/07/27(金) 14:19:22|
  2. ピアス×2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ピアス×2 第五十七話 | ホーム | やったぁ~ (((o(*゚▽゚*)o)))>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://renpias.blog.fc2.com/tb.php/325-f9fc61b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。