FC2ブログ

変幻本舗

気がつけば・・・ あなたの身体も変化する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピアス×2 第四十一話


ピアス×2


第四十一話




控え室支度部屋から出たカエデは、


通路を通って大ホールへ向かった。


銀座の一等地に建つ巨大ビルの最上階フロア全てが


このセラフィムの全容だ。


店の大ホールを中心に、


その控え室及び事務室も全てこのフロアにある。


カエデは高揚する気持ちを抑えられなかった。


自分はこの舞台で一気にトップへとのぼりつめた。


ナンバーワンに君臨していた時は、


一番最後にホールへ入り誰もが


自分の入場を迎え入れてくれた。


そのきらびやかな大ホールへと続くこの通路も


何度も通った道だった。


その事を思い出しながら、再びここへ来られたことで


つい今の自分の立場も忘れてしまうほどだったのだ。


「おい!おまえ!なにしてる!」


大ホールまであと少しというところで、


カエデは不意に呼び止められた。



「え?」



カエデはいきなり後ろから


肩をつかまれて引き寄せられる。


驚いて振り返ると、


そこには黒服に身を固めた見知らぬ男がいた。


「あ?え?・・・・・ああ・・・・・・ごめんなさい・・・・・」


以前の自分と今の自分の立場が混乱していた為、


カエデはすぐに返事が出来ないでいた。


「おまえがこんな時間にうろついていい場所じゃあないだろ?


いつから研修しているんだ?」


研修生は全てメイド服


その姿を見れば、彼女もそれであるのは一目瞭然だった。


「あ・・・ああ・・・すいません、


何せ今日が初めてだからわからなくて・・・・」


カエデはすぐに頭を切り替えて、その男に深く一礼をした。


「ん?はじめて?今日がか?」


男は見慣れない彼女をジロジロと舐めるように見る。


「はい、先ほど準備ができて


こちらへ出てきたところなので・・・・」


そう話しているカエデの後ろから、


慌ててレオナが駆け寄ってきた。


「はあはあ・・・・高科さぁ~ん、すいませ~~ん。


この人ほんとさっき来たばかりで


まだ何もわかんなくて~~、


今から説明しようと思ってたところなんですぅ」


「あ?おう・・・レオナかぁ。そうか?


それならすぐに簡単に教えるんだぞ」


「は~い、わかりましたぁ」


高科と呼ばれているその男は、


レオナの頬に手を当ててベタベタと触りながら


それだけ言うとその場を離れていった。


そして彼を満面の笑みで見送っていたレオナは、


その姿が見えなくなるのと同時に


「うっげー!ああーー!きもちわっるぅ~~~い!」


いきなり舌を出して顔をしかめて


撫でられていた頬に手を当ててさすり払う仕草をする。


「ごめん!ほんとごめんね!」


そんなレオナを見てカエデはとにかく謝った。


「え?ああ~~いいんですよ。


そんな事よりシノブお姉様ったらいきなり部屋から


出て行っちゃうんですもん・・・・レオナ慌てちゃいましたよぉ」


「え?ああ・・・・ほんとごめんね。なんだか懐かしくって・・・・」


「はい?なつかしい???」


「ああうう!ちがうの!昔いたお店に


ここも似てたものだからついね・・・・」


「へ~~~そうなんですかぁ」


「うん・・・・あ?それよりその・・・なに?シノブおねえさま?」


「え?あ・・・・ごめんなさい・・・・だめ?・・・・


ですかぁ?・・・・・そう呼ばせていただいたら・・・・」


レオナはかわいい小柄な身体を少しよじりながら、


上目使いでそう言ってきた。


その仕草がなんともいえないほどキュートでかわいい


「ふぅ~~~ん♪ レオナってそうなんだぁ」


「え?・・・そう?」


「ううん、なんでもないよ」


「なんですかぁ?」


「いいよ!」


「え?はい?」


「だから!シノブお姉様って呼んでもいいって言ってんの」


レオナの顔が急に明るくなる。


「わぁ~い、ありがとうございますぅ」


カエデはそう言いながら抱きついてくるレオナの頭を撫でながら、


空を見つめて考えていた。



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村



おはようございます~♪


今日もいいお天気なので頑張りましょ~



(*⌒∇⌒*)

・・・・・・・ っていっても仕事ヒマだからなぁ・・・・あせる





スポンサーサイト
[PR]

[PR]



  1. 2012/04/18(水) 09:53:41|
  2. ピアス×2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ピアス×2 第四十二話 | ホーム | あめ~~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://renpias.blog.fc2.com/tb.php/284-09b54f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。